1. HOME
  2. 2019年10月から介護職員の処遇改善を行います!

新着情報

2019/08/27(火)

2019年10月から介護職員の処遇改善を行います!

2019年10月の消費税増税に伴い、介護職員等の処遇改善が行われます。
消費税の増税は社会保障費の安定を目的に行われるもので、福祉分野で働く職員にとってもとても関係性の高い出来事です。

これからのことから「介護職員等特定処遇改善加算」が導入されますので、当会におきましても導入を行うことといたしました。

主な改善内容は以下のとおりです。

有資格手当を見直しします。
介護福祉士Ⅰ 月額 5000円 → 月額 32,000円
勤続10年以上で介護業務に従事する場合
ここでいう勤続10年とは過去の社会福祉施設等(老人保健施設、特別養護老人ホーム、通所介護等)に従事した期間を含みます。
 
介護福祉士Ⅱ 月額 5000円 → 月額 18,000円
勤続10年未満で介護業務に従事する場合
 
2 平成20年10月から職場環境改善を行いました
○働きながら介護福祉士取得を目指す方に実務者研修受講支援、喀痰吸引、マネジメント研修の受講支援を行いました。
○ICTの活用により、介護職員の事務負担軽減を行いました。
○介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のため介護ロボットを導入しました
○非正規職員から正規職員へ転換を行いました。 
 
なお、上記の処遇内容は2019年10月からとなっており、現在では予定となっております。